PART3

スペシャルコンテンツ 籠島×津乘

SPECIAL CONTENTS

MISAKI

MISAKI運用部 Web広報課 SEMコンサルタント

前職は研究者、前々職は広告運用者という異色の経歴を持つ。入社半年後から経験を買われ大型案件の運用を任される。9カ月連続個人目標達成し、15期上半期MIP受賞。お酒は日本酒が好き。

YUKA

YUKA運用部 制作課 Webディレクター

Webサイトの運用保守から新規案件のディレクションまで全方位に対応できるマルチプレイヤー。「籠島さんていつも帰りが遅いですよね」と社内外問わずよく言われる。

マルチタスクとの付き合い方。
自分の価値を高める働き方とは?

多くの案件を取り扱う部署において大事なのは、手際とスピード。その2面を実現している2名に仕事の進め方とプライベートのライフスタイルについて聞いてみます。

QUESTION 「私の中で2大急がしい部署の女性お二人だと思うのですが、
普段はどのようなルーチンワークで仕事をしていますか?」
MISAKI
津乘

午前中は消化コストのチェックやCPAなどの目標の着地を確認して微調整をしています。午後は気になったアカウントの分析やクライアント様に報告したりしていますよ。他には入稿作業とかしてます。 気を付けていることとして、クライアント様に確認しないといけないことは午前中に連絡するようにしています。確認が遅れると作業も先延ばしになってしまうので……また緊急タスクなどが発生しやすいのでスケジュールは余裕をもって組んでいます。

籠島

私は主に社外へのやりとりとしてメールチェック、社内のやりとりにチャットチェックは毎朝必ずやっています。自分が制作し、公開したばかりのキャンペーンやLPなどあれば、GoogleAnalyticsで状況確認をしたり、チーム員が出社しているときは朝礼・昼礼で進行中の案件の進捗確認も行っています。 日中業務のメインは、担当案件を進行したり、見積もりを作成したり。事務処理をちょくちょく進めていくという感じですね。

お二人とも午前中に連絡確認業務を行っていることが多いようなのですが、
その中で対応やその他仕事の優先順位をどのように判断されているんでしょうか?

時間がかからないものは即対応、業務の重さでスケジュール管理
籠島

基本的に時間をかけず、すぐに対応できるものはすぐに対応するようにしています。タスクの中でも優先度の高い案件や期日が近いものは優先度を上げて対応していますが、逆にしっかりと考えなければならないような案件や課題がある時はまとまった時間を確保し対応していますね。

津乘

私も時間をかけずにすぐできるものは即対応しますね。
期日が近いものを優先的に対応しています。長期スパンで対応するものに関しては依頼が来た際に作業ごとにスケジュールを細かく区切ってからお客様に期日を相談しているので、マストなタスクが重なることは少ないです。考察や分析については丸1日使って1クライアント様のみ見るという日を決めて対応することもあります。

QUESTION 「対クライアントとのやり取りが本当に多くて大変な2職種ですが、
期日を相談したりできるような関係性を築くため、
日々クライアントとのやり取りの中で気を付けていることはありますか?」
YUKA
クライアントの気持ちを察し、思い遣る。
自分のためでもありクライアントのため。
津乘

遠方でなかなか定例など行けないお客様の対応で心掛けているのは、お客様の地域の天気の情報を調べて「寒くなりそうなので体調には気を付けてくださいね」とか、休みの前なら「よい週末をお過ごしください」などの一言を電話やメールで記載したりしていました。
ちょっとしたことですが、相手がちょっとほっこりするような文面を心掛けています。

YUKA

お二人とも午前中に連絡確認業務を行っていることが多いようなのですが、
その中で対応やその他仕事の優先順位をどのように判断されているんでしょうか?

籠島

そうですね…… 私は遠方のお客さんはあまりいないので、初回の打ち合わせなどできる範囲で直接お会いして説明するようにはしています。お客さんの傾向に合わせて、連絡手段を電話メインにしたり、メールベースに寄せたりなどしていたりもしますね。 あと、技術的な説明はできるだけ丁寧にするようにしています。参考サイトを紹介したり、簡単な説明資料を用意する、メールの中に画像添付するなどかな……

確かに丁寧な提案資料を作成しているのを拝見したことがあります。
どうやってその細かい配慮の感覚を身につけられたか、何かきっかけがあったりするのでしょうか?

籠島

私はもともとWebデザイナーとして社会人スタートしたこともあり、当時から技術的な部分が弱いのが自分の課題でした。まぁ…今もそうなのですが。笑
そんな中でお客さんに技術的な内容を説明する立場になったときに、逆にわからない人目線に立てるという部分があるのかなと思ってます。
あとは、自分が腹落ちしないと人には説明できない性格なので、システムだったり技術的な部分がどんな仕組みで、どのようにしたら欲しい結果になるのかについて、自分なりに検索したり、技術者の人に聞いたりすることは今でも引き続き気を付けてやっています。

自分ができないからこその思いやりですね!
津乘さんはクライアントの心をつかむコツを身に着けたきっかけみたいなものはありますか?

津乘

前職の広告運用ではクライアントとの直接なやりとりは3社ほどで、ほとんどの案件は営業がフロントに立っていたので、営業に対して運用実績や提案を説明することが多かったんです。遠隔ということもあったので連絡頻度は多くて、ちょっとしたアカウントの変化も共有していましたね。そのころからホスピタリティや感謝の気持ちを伝えることは大事にしていました。 対クライアント様の対応が増えたのは実はジオコードに入ってからなんです。入社後すぐに担当させてもらったクライアント様でそれはもう人の心をつかむのが上手な方がいらっしゃって、その方の真似をし始めたのがきっかけですね(笑)私に対して困っていることややりずらい点をうまく聞き出してそれに対してどうすればいいのか一緒に考えてくれたり、メールの文に暖かい言葉をいただくこともあります。「プレッシャーやストレスがかからない状態で弊社の広告を運用してほしい」とおっしゃられていたことがあり、一緒に考えて頂いたこともあって……本当に素敵なクライアント様と出会えて頭があがりません。難しい商材なのですが、色々試行錯誤しながら去年は10カ月連続新規目標を達成することができました。 広告媒体の管理画面を見つめているだけでは分からない情報もいっぱいあるなというのが実感としてあります。市場や競合分析だけでなく、クライアント様の職場環境の変化や困っていることなどもうまく汲み取ることでアプローチ方法は無限大だと考えていますね。

QUESTION 「普段クライアントとせわしくやり取りされているお二人、プライベートの部分で仕事を置いてほっと一息つける瞬間はありますか?」
MISAKI
籠島

オフィス内では、去年の誕生日に制作課の皆さまからいただいたガラスタンブラーがあって。直接お茶っ葉を入れられるし、ホットもOKなんです。それに好きな紅茶の葉っぱを入れて飲んでます。美味しくて頭を整理したり、ゆったりしたいときに良いですね。
お家では、昨年末に猫を飼い始めたのでひたすら猫を愛でています。笑

津乘

プライベートでは友達とカフェ巡りをしたり、おいしいものを食べに行くことが多いです。
オフィス内でリセットするときは、ファミマのチョコがかかっているバームクーヘンが大好きなのですが、それをほぼ毎日持ってきて食べているときに一息ついたりしています。
………なんか食べてばかりですね。。笑

一息ついているとゆったりしてしまって戻れないときなんかもあるかと思うのですが…
仕事に対してのモチベーションの持ち直し方や維持の仕方で何か気を付けていることはありますか?

周りと比較した時の自分を磨くために、常に新しいことに挑戦する。
津乘

仕事のモチベーションはなるべく一定に保つように心がけてはいます。波があるほど下がった時にすぐ影響が出てしまうので…笑
一定に保つために新しい知識を違う部署の方や外部セミナーや本などから吸収したり、アウトプットしたりして常に知識が古くならないようにしています。知識をどうやって使おうかなってわくわくしますし、この仕事好きだな~て思います。仕事での課題は成長につながりますし、そのたびに視野が広がって良いものを提案できるようになることを知っているので、一喜一憂せずに今ある課題に対して一生懸命取り組んでいます。

籠島

モチベーションの上下はもちろん人間なのでありますが、仕事そのものが嫌になったりするわけではないです。やらなければならないことがたくさんあるので、モチベーションが下がったままではいられないというか…周りを見回してみたときに、自分はまだまだレベルが足りないなと感じているのでそこに近づかないとという気持ちのほうが強いです、自分なりにできる範囲で。ただ、最近は特に体力が追いつかないので、それが正直課題ですね…笑

QUESTION 「最後となりますが、「今後の仕事ではこうしたい!プライベートではこうしていきたい!」という2面での目標を教えていただいてよろしいでしょうか?」
YUKA
籠島

仕事面では業務最適化というか…クオリティの担保と自分も含めたチーム全体のスキルアップやプライベートの時間をしっかり確保できる仕事の進め方をしていくということが目標です。
プライベートは、最近まったくできていない皇居ランを再開・継続することです。あと猫と過ごす時間をもっと取りたいです…帰宅するといつも膝の上に乗ってくるので、寂しい思いをさせてしまっているのかと…

YUKA
津乘

私は仕事面ではAIなどで自動化できる部分はどんどん任せて、お客様と向き合う時間を増やしていこうと思っています。お客様が気づけていない強みの部分、弱みが強みになることもあるので、深い話ができるようなビジネスパートナーとして動いていきたいです。
「そうそう、こういう商品が欲しかった」と思わせるためには商品の強み、弱みも詳細なペルソナを描く必要がありますし、ユーザーにとっても価値のある広告を出せるようにやっていきたいですね。
プライベートでは海外旅行に行きたいです!実はまだ一度も言ったことがなくて…先日課長が2週間お休みをとって海外旅行に行っていたので、私もそれに続いて長期で海外旅行行きたいな~なんて思っています。国内外問わず歴史が好きなので、歴史あるものを自分の目で実際に見てスケッチとかして過ごしてみたいです。

MISAKI AND YUKA MISAKI YUKA