TOMOHIRO

インタビューTOMOHIRO

TOMOHIRO

営業

PROFILE

2016年 新卒入社
主任/趣味はサウナ

2016年新卒入社。
入社から1年間はWebマーケティングからクラウドまでジオコード全商材の架電でのセールスをメインに従事。新卒時代の下積み期間が長かった分、テレアポはいまだに得意分野である。2017年4月からは、Webマーケティング商材の調査・企画・提案を積極的に行うようになり、2017年9月にトップセールスに。2018年15期上半期MIP受賞。2019年2月現在までの18ヶ月間トップセールスの座は誰にも譲っていない。順天堂大学出身。中学~大学まで10年間陸上競技に取り組む。110メートルハードル山梨県高校最高記録保持。がむしゃらに陸上競技に打ち込んだ青春時代があるからこそ、いま営業職に同じ情熱を持って取り組めていると感じている。

TOMOHIRO
QUESTION

現在行っている仕事内容について教えてください。

Webマーケティング事業の営業を行っています。
ジオコードはメイン商材であるSEOをはじめ、Web広告運用、Webサイト制作までのWebマーケティングをワンストップで行っているため、クライアントのニーズに合った提案をすることが求められます。

営業の業務に掘り下げてみると、具体的にジオコードの営業には力量に合わせて大きく3つのステップが用意されています。
①インサイドセールス専門
②自アポ自営業(自分でインサイドセールスから案件を作り、訪問・クロージングを行う)
③クローザー(インサイドセールス部隊の作った案件の訪問・クロージングを行う)
私は新卒入社3年目で現在はクローザー業務を行っていますが、入社後最初の業務はインサイドセールスといって、いわゆるテレアポをしてお客様を探すことでした。
ジオコードのインサイドセールスは、「会社から与えられたリスト」に電話をかけて提案するわけではなく、「自分で需要のありそうなサイトを探し、リストアップする」ところから始まります。
時間はかかるのですが、自分の手で作ったリストに提案を行うので、「やらされる」営業ではなく、納得感を持った自主的な提案を行うことができます。

QUESTION

ジオコード入社のきっかけを教えてください。

成果が目に見えて評価に反映される仕組みがよかった。

入社の理由は大きく2点です。
「明確な評価制度があった点」と「スピード感を持った成長が期待できた点」です。
私は中学から大学までの10年間、陸上競技部に所属してハードル走に取り組んでいました。順位だけではなく、ライバルとの実力差がタイムとして数値化され、明確になる点に魅力を感じていました。
ジオコードは各個人のミッションが明確で、人事評価制度もシンプルかつ明確に設定されています。ですので人事評価の自己採点と実際の評価結果がずれたことは一度もありません。
成果を出せば出すほど、役職も給料も仕事の裁量も上がっていくのがジオコードの良い点だと思います。陸上競技に取り組んでいる時と同じモチベーションで仕事に取り組めていると思いますね。笑

QUESTION

実際に働いてみて、ジオコードはどのような印象でしょうか?

社員数がどれだけ多くなっても、営業・技術・管理の社員がワンフロアにいることは非常に魅力的です。
ジオコードはSEO、Web広告運用、Webサイト制作の各分野にプロフェッショナルがいるので、Webマーケティングの営業としてこれほど成長できる環境はないと思います。
選考時に営業社員の方や社長と話して、魅力を感じたことが入社の一つの理由でしたが、営業以外の方々もとても面白く、魅力的な方たちばかりというところに良い意味でギャップを感じています。

一般的に技術者というと、口下手、暗い…等々のイメージを持つ方が多いかもしれませんが、
ジオコードには営業マンよりも明るく、ユーモアがある技術者の方々がたくさんいます。笑
私はいつも夕方の休憩時間には営業部を飛び出して、技術者の方としゃべっています。

また、「技術者の方々が営業の提案に積極的に協力してくれる」ところも特徴的です。
営業がクライアント様からヒアリングしてきた項目を技術者に共有すれば、それに見合った提案のアドバイスをくれたり、時には提案の打ち合わせに同席してくれたりします。
会社全体に営業の提案に協力してくれる体制や雰囲気があり、営業マンにとっては非常に優遇された贅沢な環境にあると思います。

QUESTION

働く環境についてはいかがですか?

愚直に仕事をすればみんなが助けてくれます。

「頑張っている人を見捨てない」社風があると思います。
現在でこそ、ジオコード営業の中でトップの成績を上げていますが、下積みの期間は他の同期より比較的長かったです。
ただ、そんな数字が取れていない期間でもアドバイスを求めたら必ず応えてくれる上司・先輩の存在がありました。
また、営業の人たちだけでなく運用の方も知識・技術面の質問には快く答えてくれました。
少し語弊があるかもしれませんが、ジオコードは「なんでもかんでも手取り足取り教えてくれる会社」というわけではないです。
ただ、”愚直に成果を求める人”、”目標に対して執着心を持って仕事に取り組める方”には、最高のサポートを感じられる会社だと考えています。

QUESTION

会社でのミッションと今後の目標について教えてください。

目標は2つあります。
1つ目は「マネージャーとして成果を出すこと」です。
ありがたいことにトップ営業として、プレイヤーとして評価していただいてますが、自分がリーダーとしてチームの数字を達成させるというミッションを課されたことはまだありません。
現在4人ほどのチームを任されているので、まずはこのチームを成功させ、営業課をまとめるマネージャーとして成果を出すことが当面の目標です。

2つ目は「自分でクライアントのWebコンサルティングができるようになること」です。
ジオコードでは契約後、営業は運用の方たちのサポートに回ることがほとんどですが、個人的には”なんでも1人でできるようになりたいタイプ”なので、契約後もフロントに立ってWebコンサルティングまでできるようになりたいです。
これだけWebマーケティングの技術者を社内に抱えている会社も珍しいので、この環境を存分に活かして、若いうちから自分の市場価値を上げられればと思っています。

CAREER PATH

SALES

営業の
キャリアパスをご紹介

営業モデルロードマップ、年収、各種役職などをご紹介します。

営業の
キャリアパスをご紹介

OTHER JOB

ジオコードでは管理部門を除き、大きく6つの職種があります。
それぞれの職種ごとに業務が分かれてはいますが、すべての職種がワンフロアで共に仕事をしています。
希望があればジョブローテーションも可能です。