新卒採用はこちら 中途採用はこちら

社員を知る


KYOUHEI
2012年新卒 入社
クラウド開発課 シニア
中央大学大学院 出身

なぜこの会社に入ったのですか?

私は2012年の新卒採用で入社しました。入社前の大学・大学院時代では星の研究を行っておりましたが、就職先としては理系にこだわらず、「雰囲気の良い会社で働きたい」という思いが強くありました。
そんな中、選考を受けたジオコードでまず感じた事は「面接でもこんなに楽しいんだ」という思いでした。
私の就職の指標の1つとしていた「雰囲気の良い会社」というのを選考の段階から強く感じれた唯一の会社でしたので、入社を決めるに至りました。

会社に入って良かったことはなんですか?

ジオコードは、自分で考えるということを徹底的に実践する会社なので「当たり前に自分で考えて自分で行動する人間」に早い段階でなれたことですね。
これが習慣として身についた結果、新卒入社社員で最速の役職者となる事ができました。
とにかく自己成長のスピードが速く、自身で実感できるところです。

これからどうなりたいですか?

現在は新規事業の1つであるクラウドサービス「ネクストSFA」の開発・運営に携わっております。新規サービスは立ち上げに多くの時間と労力がかかりますが、その重要な役目を新卒3年目の私に任せてもらった事は私自身の大きな成長に繋がっていると感じています。
今後はシステム開発のみではなく、新規プロジェクトの最初から最後まで関わるディレクションを含めた動きを積極的にしていきたいと考えております。システムを作るだけであれば外の業者を利用する事で実現できますが、社内でディレクションから開発までの動きを行う事ができれば、使う側からも作る側からも物事を考える事が出来るので、よりスムーズにより良いサービスを生むことが可能であると考えています。

プライベート情報など

ザ・理系のようにみられる僕ですが、こう見えてスポーツ万能です。
バスケ、ゴルフなどいろいろやってます。
また、最新の技術を勉強するためにエンジニアの勉強会などに参加しています。

応募者へのメッセージ

私自身、転職活動をした経験がありませんので、あまり大きな事は言えませんが、会社を辞めたり、転職したりの1つの大きなきっかけとなるのは「社風が合わない」という事だと思います。この「社風が合う、合わない」というのは要するに「会社全体のやる気と自分のやる気の強さが合っているか。温度差がないか。」という事であると私は考えています。
ジオコードはやる気のある社員が多く、温度の高い会社です。「強いやる気」を持った方とは非常に合う会社だと思いますので、ぜひ上場に向けて一緒に会社全体を盛り上げていければと思っております。

ジオコード社長ブログ更新中 ジオコード社長ブログ更新中